駅から近い場所に住みたい!設備チェックが欠かせない賃貸物件探し

防犯上の設備をチェックしておく

駅近の賃貸物件となると、電車でどこかに出かけるにも歩く距離が短くてとても便利なのですが、家の近くを多くの人が通ることにもなるので防犯上の設備がしっかりしているかどうかのチェックは欠かせません。とくに、女性であれば不安が多いものであり、一階を避けて二階以上の上の階を選ぶ人も多いのですが、二階以上であっても侵入される危険性は持っています。

泥棒は、窓やベランダ、玄関などあらゆる場所から隙をついて入ってくることになります。玄関ではオートロックであれば安心ですが、窓やベランダは鍵をかけていてもガラスを割られて侵入されることもあります。賃貸物件選びでは、窓やベランダまで壁や木など伝って登って入られるようなものがないかどうかをチェックしておくことも欠かせません。

車や自転車があるのなら事前チェックが重要

駅近の賃貸物件探しでは、車や自転車を持って行きたいという人にとっては事前確認が欠かせません。

地方になると、電車ではなくマイカーを交通手段として生活をしている人も多いため、車1台分の駐車場つきという賃貸物件もあるのですが、駅近物件や都市部になるとなかなか見つからないものです。駐車場を借りるにも場所が空いていないこともあるので、賃貸物件とともに進めて行かなければなりません。

また、駅近物件になると駅まで徒歩で行く人が大半となり、自転車を利用する人が少なくなるためそもそも駐輪場がないという賃貸物件もあります。また、駐輪場があってもすでに住んでいる住人の自転車でいっぱいとなり、自分の自転車の置き場所がないというトラブルもあるので、実際の置くスペースがあるかどうかのチェックも欠かせません。

千歳の賃貸は、多くの人に利用されています。なぜなら空港から近いため、遠距離の移動がしやすい環境だからです。