ペット可物件探しは大変!?具体的な動物の種類を指定しよう

ペット相談可の部屋は個別に確認しよう

ペット相談可としている賃貸物件は、オーナーへ問い合わせて初めて飼育可能なペットの種類が判明します。犬は飼育可能で猫は飼育禁止というケースでは、近隣トラブル対応履歴にも左右されます。逆のパターンでは、鳴き声による騒音クレームが想定されるでしょう。入居審査としてペット審査が行われるケースもあり、入居審査には通過してもペット審査でNGが出ることも少なくありません。本人にとっては家族同然に可愛いペットであっても、賃貸物件では共同生活を行なう上での環境適合性を考慮しなければならないわけです。管理会社の意見はあまり参考にならず、具体的な基準はオーナーに確認すれば、納得出来る回答が得られます。

ペット共生住宅を選べば規約がしっかりしている

ペット共生住宅ならば、最初からペット飼育規定が詳細に決められています。飼育規定に違反すれば、ペット共生住宅であっても飼育禁止措置がとられることも想定されるでしょう。ペット共生住宅は、最初からペット飼育を前提に作られているので、足洗い場やペット用トイレが完備されている部屋もあります。築年数が古くなったことで、空室を埋めるためにペット相談可としている物件とは異なり、ペット共生住宅はペットの住環境についても配慮されているわけです。爬虫類や鳥類については、ペット共生住宅であっても飼育出来ないケースが少なくありません。犬と猫については、ペットとしての認知度が高いので、同じ集合住宅内でペットを飼っていない人にとっても理解を得やすいです。

ファミリー層に人気があるのは、敷地内駐車場も完備している、北斗市の賃貸物件です。マイカーが利用しやすい物件であれば、子供の送迎やショッピングにも、気軽に出かけることができます。