念願のお店をオープン!店舗デザインはどう決める!?

店舗デザインをする上で重要なポイントとは!?

資金をためて、長年の夢だったお店をオープン!という人も多いのではないでしょうか。そんな時に重要となってくるのが、オープンする店の店舗デザイン。店舗デザインは、その店のイメージや売れ行きをも左右する最重要要素の一つだといえるでしょう。そんな店舗デザインをどう決めればよいか、ここでは概念的な部分だけを紹介してみます。

まずはオープンするお店のコンセプトを決めよう!

まず店舗デザインで重要となるのが、「コンセプト」といえるでしょう。オープンするお店をどういうお店にしたいのか、店の業種や形態によっても違ってきますが、まずは店舗のコンセプトを決めることが必要です。カフェや料理店などなら、ヨーロッパ風やアジア風、和風や無国籍スタイルなどさまざまなスタイルが考えられます。ほとんどの場合はその店で出す料理にあわせたものが多いと思いますが、どのようなスタイルをとるのかコンセプトをしっかりとしておくと、デザインが統一しやすくなります。

店舗デザインには「動線」設計も重要なキーポイント!

ただし店舗をデザインする場合、見た目だけでなく「動線(または導線)」を考えた機能性を頭に入れておかなければなりません。動線とは、お店に入ってきたお客さんがどのように店の中を移動するか、または店の従業員が店内を移動する際の動きの経路のことを指します。お客さんが店の中を移動しにくいデザインや、従業員の邪魔になるものを動線上に置いたりすることは、デザインとしては避ける必要があるのです。いかがでしたか?ごく簡単に、店舗デザインを考える上で重要なポイントのみを説明してみました。他にもデザインを決める上で考えるべき点はたくさんありますので、しっかりした計画をたててから、店舗デザインをしていきましょう。

内装デザインは、その物件の価値を左右するほどのインパクトを持っています。リノベーションやリフォームなどが流行る中、一層の注目を集めます。