何を確認すればいいの!?家づくりための土地選びについて

予算を決めてどんな家にしたいか優先順位をつける

土地を選ぶのは、家づくりでとても大事なことです。家の予算やプランを決める前に土地を先に買ってしまうのは避けましょう。決められた予算の中で土地を優先してしまうと、希望していた住宅の設備を諦めなければいけないことがあります。これは、家づくりのためには土地代だけでなく建設費や諸経費など、いろいろな費用が必要だからです。そのため、土地を決める段階で費用をかけすぎてしまうと、建設費などの費用を削らなければいけない事態になってしまいます。まずはどんな住まいにしたいのか家族で話し合って、それを実現できる土地を見つけるようにしましょう。日当たりがいいリビングにしたい、開放感のあるテラスを作りたいなど希望をリストアップして優先順位を決めることをおすすめします。条件を整理することができれば明確に住みたい家をイメージできるようになり、不動産会社とスムーズに話をすすめていくことが可能です。

気になる土地の環境をよく調べる

納得できる土地であるか判断するためには、天候や時間帯を変えてチェックすることが大事です。日中は閑静な住宅街でも通勤通学の時間帯はにぎやかになる、敷地周辺が国道の抜け道になっているため朝夕は排気ガスが入ってくるなど問題が見つかることがあります。また、雨が降った日は水はけが悪くなることも多いです。不動産会社に土地柄を詳しく質問しておきましょう。商店街の店員に話を聞いてみるのもおすすめの方法です。後でトラブルが発生しないように、いろいろな手段で街の雰囲気を知りましょう。

家づくりの相談窓口では、予算の立て方やスケジュール、工法など家づくりの様々な相談ができます。建築家やハウスメーカーの紹介もしてもらえます。第三者的な立場からのアドバイスは中立で参考になります。