住宅ローンが払えない?任意売却はそんな時の救済策です!

住宅ローンが払えなくなると

住宅ローンは長い期間をかけて返済していく多額の借金です。しかし長い間には様々な不測の事態も起こります。会社の倒産やリストラ、病気や怪我などが原因で住宅ローンを支払い続けることが困難になる事もあるでしょう。住宅ローンが残っている状態は抵当権が付いたままであり、そのまま住宅を売却することは事実上できません。ローンの残りを一括返済する資金があれば別ですが、多くの場合はハードルが高くなるでしょう。ローンの返済が出来ない場合、お金を融資した金融機関は裁判所を介して住宅を競売にかけ、少しでもお金を回収しようとします。競売は殆ど投げ売りのような状態になるため低価格でしか売れず、債務者には多額の借金が残ってしまうのです。しかも住宅からの立ち退きを強制され近所にも知れ渡る事になります。

任意売却のしくみを知ろう

任意売却は不動産会社や専門業者などが金融機関との間に入って交渉し、抵当権の抹消手続きを申請した上で住宅を売却する方法です。任意売却では市場価格に近い値段で売却でき、回収額を増やせるため金融機関にとっても悪い話ではありません。場合によっては引っ越し費用を捻出できることもあり、近所に知られる恐れもありません。一般に住宅は経年により資産価値が下がるため、買った額より売値が高くなることは稀です。このため差額が借金として残るのが一般的です。この債務については、時間をかけて債権者に返済していくことになるでしょう。任意売却では手続き上、いったんは延滞の事実を作る必要があるためブラックリストに載るになり、一定期間クレジットカードを作ることやローンを組むことができなくなることに注意しましょう。

住宅ローンの返済が出来なくなったが、住宅を売却しても債務が残る。こんな時、債権者と債務者双方が納得いく価格で物件を売却させるのが任意売却です。残債が残れば、その支払い方法は債権者と話し合って決めます。